FUKUOKA STARTUP SELECTION FUKUOKA STARTUP SELECTION

キーノート・特別講演

Key note & Special Seminar

キーノート

Key note

孫 泰蔵 氏

日本財団会長

笹川 陽平 氏

テーマ

日本財団の災害復興支援

 1939年、東京生まれ。明治大学政治経済学部卒。現場主義をモットーに国内外の公益活動を実践しており、日々の活動をブログ「http://blog.canpan.info/sasakawa/」で発信している。WHOハンセン病制圧大使、日本政府ハンセン病人権啓発大使、ミャンマー国民和解担当日本政府代表などを務める。「愛する祖国へ」(産経新聞出版、2016年)、「残心世界のハンセン病を制圧する」(幻冬舎、2014年)など著作多数。

特別講演

Special Seminar

孫 泰蔵 氏

Mistletoe 株式会社
代表取締役社長 兼CEO

孫 泰蔵 氏

テーマ

テクノロジーで変わる地域コミュニティーと防災

 1972年生まれ。佐賀県出身。東京大学在学中にYahoo! JAPAN の立ち上げに参画。その後、コンテンツ制作、サービス運営をサポートするインディゴ株式会社を設立。2002年、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社を創業し、デジタルコンテンツの世界へと事業領域を広げる。様々なベンチャーの創業や海外の企業との大型JVなど、ある時は創業者、ある時は経営陣の一角として、一貫してべンチャーの立ち上げに従事した後、2009年に「2030年までにアジア版シリコンバレーのベンチャー生態系をつくる」として、スタートアップベンチャー育成のMOVIDA JAPANを設置。2013年、広範囲なスタートアップ支援を手掛けるMistletoe株式会社を設立し、起業家支援を本格的に開始する。今後は国内外のベンチャー支援・育成に力を注ぎ、ベンチャーの活躍が、豊かな社会創造につながることを目指している。

江口 清貴 氏

LINE 株式会社
公共政策室 室長

江口 清貴 氏

テーマ

災害時のLINE活用と、減災につながるネットコミュニケーション

 2005年、株式会社ゲームポットのCFOとして、株式公開や経営管理に従事する傍ら、ゲーム業界団体によるガイドライン制定を担当し、不正行為対応や適正な競争環境を整備するなど業界の諸問題対策に従事。2012年、NHN Japan(現LINE株式会社)に入社、2013年12月よりCSR活動などを推進する政策企画室(現公共政策室)室長に就任。現職。  また、多摩大学情報社会学研究所研究員としてインシデントレスポンス(危機初動対応)の研究にあたるほか、2016年に立ち上げた一般財団法人情報法制研究所の専務理事を務め、個人情報保護法、情報セキュリティ等を含む情報法制政策の研究や提言を行っている。

須賀 健人 氏

株式会社ナイアンティック
アジア統括マーケティングマネージャー

須賀 健人 氏

テーマ

位置情報ゲームによって拡張される現実

 Niantic,Inc.のアジア統括マーケティングマネージャーとして、日本を含むアジア全域のマーケティングを統括。Niantic,Inc.以前は、Googleにて、Android、Nexus、Google Playのアジア地域のマーケティングを担当し、Nexus 7 Dance with students などのCMも制作。これまでに、東日本大震災で失われた美しい風景や、懐かしい景色、写真・動画などの思い出を未来に残すためのプロジェクト「未来へのキオク」や大規模な災害が起きた時に必要で正確な情報を提供するためのプロジェクト「Crisis Response」などにも参画。2015年8月より現職。

TOP